太陽と目薬

M本です。先日人間ドックを受けたところ、目が再検査となってしまい、本日を改めて眼科に行ってきました。結果はそれほど大きな問題はなかったのですが、検査のために使用した瞳孔を開く目薬がなかなかの曲者でした。

目薬点眼後にピントが合わせにくくなったり、光が眩しくなる、という事前の説明を受けていたので、違和感はありつつも、そんなものだと思っていたのですが、
診察終了後、お昼を食べようと外に出た瞬間!?
晴天!!
昼間!!
真夏のギラギラ太陽!!
ビルと道路の照り返し!!
蛍光灯とは比較にならない光が瞳孔全開の目に飛び込んできました
「目、目がぁ~っ」、目の前真っ白(*_* 
眩しすぎてまっったく目が開けられない!!!
まるで某有名アニメの名シーンのようでした。。歩き方も、、
診察中は建物の中にいたので、ちょっと眩しいくらいで済んでたんですね。
横断歩道の白も眩しすぎて直視できず、フラフラ歩いてました。
まさか太陽の下を歩くのにここまで苦労するとは。。
ちなみに4時間ぐらいで元に戻りました。
健康であることのありがたさについて、目をシパシパさせながら実感した午後のひとときでした。
M本

にせんえんさつ&どんぶり

 最近めっきり見かけなくなりましたよね。

存在自体も忘れ去られているのではないのでしょうか・・・coldsweats01

そんな中、昨日、日本橋の東京メトロの券売機で久々にお会いしました。

回数券を購入し、五千円札を投入→おつりの返却→あれ?2枚?

おつり3千円のはず・・・、おわっ2千円札だぁΣ( ̄ロ ̄lll)。

券売機って2千円札OKなんですね・・・。

久々に手元に巡ってきたので、取っておこうと思っていたのですが、

先程駅前の西友のセルフレジで無意識に使ってしまいました・・・。

こちらの清算機もすんなり2千円札を飲み込んで行きました・・・。

世の中で出回る機会がめっきり減ってきてはいますが、頑張ってもらいたいものです。

あと、マンガみたいな話をひとつ。

先週六本木の立ち食い蕎麦屋さんで見かけた光景・・・。

スーツを着たお兄さんが突っ伏して寝ておりました。

大きなキャリーケースをもっていたので

「出張とかで疲れているのかなぁ」なんて思っておりました。

ケースの陰に隠れていて良くは見えていなかったのですが、

後から入ってきた外人さんがぎょっとしてガンミしていたので、

なんだろうと思い覗き込んでみたら・・・、

・・・どんぶりの中に頭を突っ込んだまま爆睡しておりました・・・。

起こす勇気がなく、外人さんと苦笑いをしながらその場を後にしました・・・。

世の中は日々些細ではありますが、面白い事でいっぱいです!

人事担当でした!

ハマってます!

ハマってます
このところ゛原田マハ゛さんにハマってます。きっかけは「本日はお日柄もよく」っていう文庫本。タイトルもだけどこの本の装丁に、いわゆるジャケ買い。「生きる僕ら」「楽園のカンヴァス」「一分間だけ」と読んで、この前「キネマの神様」読み終えて名画座に行きたくなった。
今までは見逃した映画をレンタルのDVDでなんとなく観てたけど、小説本編にも出てくるように映画を創る人は映画館の画面サイズで観てもらうよう創る訳で、そりゃホントの良さはそのサイズで観ないと感じることができないだろうな、と思う。
舞台が、ライヴが、同じ空気の中に居ないと「つくり手の想い」が伝わらないように。
そういうわけで僕はずっと舞台にハマってます。                          y

«らじお

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ